バイトの評判・口コミ

デイサービスのパート介護士の評判はきついし大変?シフトや時給・口コミを徹底解説!

デイサービス パート 評判 きつい 大変 シフト 時給 口コミ
Pocket

デイサービスのパート介護士の評判は、きつい・大変との口コミを聞くことが多いのではないでしょうか?

介護士は他の職種と比較すると、時給も少ないと言われており、シフトも夜勤などで不規則で大変というイメージが世間的には付いています。

しかし夜勤のある施設で働くよりも、デイサービスのパート買い越しはメリットも多いです。

そこで今回はデイサービスのパート介護士の口コミ評判で聞くように本当にきつい・大変なのか?

時給やシフトはどうなのかを調査して、紹介していきましょう!

 

デイサービスのパートの評判はきついし大変?

デイサービスの評判は確かにきつい・大変という口コミが多いのも事実です。

介護が必要な方を対象にサービスを提供しており、特に認知症や寝たきりの方を相手にすると、心身ともに疲弊する人も多いことでしょう。

しかしデイサービスだからこそというやりがいがあるのも事実!

「施設の夜勤がきつい」・「子どものために夜勤を減らしたい」・「レクなど楽しい仕事がしたい」、そう考えている介護士の方におすすめなのがデイサービスです!

そこでデイサービスのメリットやデメリットを紹介していきましょう!

 

デイサービスのパートのおすすめポイントは16時に仕事が終わること!

デイサービスのメリットとして、16時に仕事が終わることがあげられます。

送迎なども合わせると17時~17時半になることがほとんどですが、施設併設のデイサービスだと16時半までには送迎も終わってしまいます。

そこからゆっくり書類業務や明日の準備を行うことができ、常に利用者のケアに追われる施設と大きく異なる点でしょう!

忙しいことに変わりありませんが、ずっと利用者と一緒にいるのがきつい・大変という方にはおすすめです。

 

きついところは「連勤」がある!

上述したようにデイサービスには夜勤が無く、16時で仕事が終わるのは大きなメリットです。

しかしデメリットもあり、それが「連勤」が必ずあることです。

デイサービスはほぼ確実に、日曜日が定休日であり、それ以外の日にもう1日お休みが貰えるシフトをくむことがほとんど!

夜勤が無い代わりに連勤があり、夜勤明けの休みを有効に活用していた方は、きつい・大変と感じるかもしれません。

日曜固定休で予定を立てやすく、子育て世代にはありがたいのですが、夜勤手当がないため給与も低くなることが多いです。

ライフプランに合わせてデイサービスでのパート介護士として働くことを考えましょう!

 

楽なポイントは「介助・援助が施設より少ない」ところ!

デイサービスの楽なところは施設よりも「介助・援助が少ない」ことです。

デイサービスを利用する利用者のほとんどが、自宅で生活しています。

施設入所よりは介護度や介助量が少ないことが多く、介護士の手が必要なことも少ない傾向に!

これまでの介護士の仕事で、自身のお体に負担がかかって腰痛やひざ痛がある方にもおすすめです。

 

「専門性に特化した介護」のノウハウが得られる!

デイサービスの最大の特徴が「施設ごとに専門性がある」こと!

「認知症特化型デイサービス」・「リハビリ特化型デイサービス」など、それぞれのデイサービスで専門性を出して、利用者さんに選んでもらっています。

そのため認知症のケアを学びたい、機能訓練を学びたいなど自身のキャリアを見据えたデイサービスで働くことで、介護士としての専門性を養うことができるでしょう!

 

デイサービスのパート介護士のシフトや時給・口コミは?

デイサービスのパート介護士のシフトは夜勤が無く、日曜固定休であること!

口コミは様々ですが、専門性に特化した経験ができることや、夜勤が無く仕事も早く終わるというポジティブな内容が多いです。

夜勤手当がないため、給与が低い水準になってしまうことに関しては、ネガティブな口コミが見られました。

そんなデイサービスの仕事内容や時給を紹介します!

 

デイサービスの主な仕事内容は?

デイサービスの主な仕事内容は以下の通りです。

  • ミーティング
  • 利用者のお迎え
  • 入浴介助・援助
  • 集団体操・レク
  • 昼食介助
  • 利用者の送迎
  • 書類業務

時には検温などをナースの手伝いに回ることも!

その他にも季節ごとにイベントや担当者会議に参加することもあります。

やはり介護士の仕事は忙しいと感じさせられますね!

 

デイサービスのパート介護士の1日のシフトの流れ

上記で主な仕事内容をあげましたが、1日のシフトの流れはどうなっているのでしょうか?

大まかではありますが、パート介護士の1日を表にして紹介します。

8時30分~ 利用者のお迎え
9時~12時 入浴介助・集団体操・レク(当番制)
12時~ 昼食準備・介助
13時~14時 休憩
14時~16時 午後のレク
16時~17時 利用者の送迎
17時から17時30分 書類業務・清掃

1日中しっかりとスケジュールで埋まっています。

入浴介助の当番になると、ひっきりなしに利用者さんの介助に入るため、大変でしょう。

レク当番になると、利用者さんのペースに合わせての仕事になるので、少し楽かもしれません。

どの仕事でもそうですが、周りの介護士と協力して仕事をすすめることがとても大事になります!

 

平均時給は「1000~1500円」が相場!

デイサービスのパート介護士の平均時給は東京都を参考にした場合「1000円~1500円」です。

地方に行くともう少し低い水準でしょう。

決して高いとは言えない時給ですが、世間的に介護士の待遇改善が訴えられており、今後変化があるかもしれません。

これから時給が上がることに期待して頑張りましょう!

 

まとめ

「デイサービスのパート介護士の評判はきついし大変?シフトや時給・口コミを徹底解説!」と題して、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

きつい・大変との評判や口コミの多いパート介護士ですが、デイサービスはその中でも働きやすい環境にあります。

シフトも子育て世代には優しく、日曜固定休で夜勤もありません。

しかし時給が低く、経済的に厳しい方はやはり夜勤のある施設で介護士として勤める傾向が高いです。

これから待遇が改善されて、もっとデイサービスで働く介護士が増えていくことに期待ですね!